COUNTER
累計
今日 昨日
Mabinogi
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
falchion cafe 店長の雑記
ここは小林まさとしの個人サークル「falchion」のwebサイト
「falchioncafe」の雑記ページである。

※注意事項:当ブログではアダルト&違法サイトおよび記事とは全く関係無いトラックバックの添付、webサイト宣伝目的のコメントは禁止です、禁止行為があった場合これらをスパム行為と見なし見つけ次第即削除いたします。
<< 2015年新年のごあいさつ。 | main | 2015年冬の新作アニメ・特撮初回感想その2 >>
2015年冬の新作アニメ・特撮初回感想その1
さて新年に入り、新作アニメが開始されてきているので初回感想を書いていこうと思います。
今回は「探偵歌劇ミルキィホームズTD」と「ユリ熊嵐」の初回感想です。

「探偵歌劇ミルキィホームズTD」
今度のミルキィホームズは天城 茉莉音が所有しているエレメントと言う妖精みたいな奴を奪還する物語なのか。
さすがに過去のシリーズみたくトイズが失う展開はなさそうだがトイズがあっても相変わらず過激なギャグが出てくるなあ。この点はぶれてないので安心して見られそうです。
それにしてもフェザーズのカズミちゃんはどうなるんだよ?エレメント泥棒の犯人にされた誤認逮捕後のフォローはどうするんだwww。そしてG4は小衣ちゃん以外のメンバーが不参加の理由が酷いんだがこのまま最終回まで出ないつもりかwww。

「ユリ熊嵐」
この作品は一目見て即ピングドラムやウテナを彷彿しました。監督が幾原邦彦である以上独特な理解不能なな演出になるのも頷けます。
初回から独特な演出が連発しているので今後の膨大に膨らむ狂気さをひしひしと感じました。これは最終回付近では一体どうなっていくんだろうなあ……。
そしてタイトルの文字通り女子校舞台で百合属性の性的展開と人肉を食べる熊との組み合わせがどのような世界観を魅せてくれるのか今後楽しみです。

てなわけで感想は以上です。
| アニメ・特撮話 | 21:35 | comments(0) | - | pookmark |