COUNTER
累計
今日 昨日
Mabinogi
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
falchion cafe 店長の雑記
ここは小林まさとしの個人サークル「falchion」のwebサイト
「falchioncafe」の雑記ページである。

※注意事項:当ブログではアダルト&違法サイトおよび記事とは全く関係無いトラックバックの添付、webサイト宣伝目的のコメントは禁止です、禁止行為があった場合これらをスパム行為と見なし見つけ次第即削除いたします。
<< 2015年夏の新作アニメ・特撮初回感想その2 | main | 2015年夏の新作アニメ・特撮初回感想その4 >>
2015年夏の新作アニメ・特撮初回感想その3
本日は「ウルトラスーパーアニメタイム」のアニメ3本と「アクエリオンロゴス」の初回感想です。
「To LOVEるダークネス2nd」は感想なしとします。

「ウルトラスーパーアニメタイム」
ミス・モノクローム-The Animation-2、うーさーのその日暮らし 夢幻編、わかば*ガールの短編アニメ3本立てのこの番組。とにかくミス・モノクロームとうーさーがやりたい放題の内容で酷かったです。(笑)
ミス・モノクロームは初音ミク系のバーチャルアイドルかと思いきやスパロボ参戦してないとか言い出す始末だし
うーさーはガンダムネタだけでは済まず劇中にウルトラマンゼロを本当に出したりと見ていて困惑してしまいました。うーさーは毎回こんなネタを披露してくれるのだろうか?
わかば*ガールは典型的なまんがタイムきらら系の作品だなと思いました。

「アクエリオンロゴス」
アクエリオンシリーズ3作目となる本作、今度の舞台は荒廃した世界ではなく現代日本を舞台としての戦いとなるのか。
ベクター機が今までのシリーズの3機ベースだけではなく7機を用いて複数形態のアクエリオンを生み出す展開となるのだがこれは劇中未登場の合体形態が出てきそうな気がするな。ただでさえ過去のシリーズ作品で設定上では独自形態の武器がありながら劇中未使用もあったらしいし。
そして今期では文字を変化させて必殺技を生み出す方法を採用していたのだが「天保異聞 妖奇士」を思い出しました。
そして今期は過去作の不動GENや不動ZENらしき人物が見当たらないのだが果たしてこのキャラに当たる人物は登場するのだろうか?
今までにないアイデアが詰まった今期のアクエリオン期待してます。

以上で本日の感想はここまで。
| アニメ・特撮話 | 22:08 | comments(0) | - | pookmark |