COUNTER
累計
今日 昨日
Mabinogi
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
falchion cafe 店長の雑記
ここは小林まさとしの個人サークル「falchion」のwebサイト
「falchioncafe」の雑記ページである。

※注意事項:当ブログではアダルト&違法サイトおよび記事とは全く関係無いトラックバックの添付、webサイト宣伝目的のコメントは禁止です、禁止行為があった場合これらをスパム行為と見なし見つけ次第即削除いたします。
<< 2015年夏の新作アニメ・特撮初回感想その3 | main | 2015年夏の新作アニメ・特撮初回感想その5 >>
2015年夏の新作アニメ・特撮初回感想その4
本日は「下ネタという概念が存在しない退屈な世界」「うしおととら」「モンスター娘のいる日常」「実は私は」の初回感想です。

「下ネタという概念が存在しない退屈な世界」
この作品は確かに面白いけれどもエロコンテンツを法律で全て禁じた世界と言うものは見ていて問題ありすぎだなあ。青少年育成を健全にする目的にしてもを実際誰が得する法律なのか全然理解できないわ。
そんな中で下ネタテロを起こして学校や世間を混乱させる行為は見ていて笑えます。ハエの交尾画像を利用してエロ音声を加えたりとシュールすぎます。

「うしおととら」
言わずと知れたサンデー掲載されていた有名作品なのだがこの作品を本格的に触れるのは今回のアニメが初めてだったりします。
見ていてとにかくパワーが溢れていたのを感じました。これはジョジョのテレビアニメ同様に原作の熱狂的ファンがスタッフにいるなと思いました。
恐らく今期のアニメではトップクラスの面白さかも知れないです。

「モンスター娘のいる日常」
美少女モンスターと人間との他種族交流物かこの作品。今週はホームステイラミアの話でラミアの正しい生態を描いた物なのか(笑)
上半身は人間なのでブラジャーはともかく下半身ヘビ用のパンツが存在したのには笑いました。
そしてモンスターよりも濃いのが墨須さん、公僕で給料貰ってるくせに公人の家に行ってメシをたかったりするとはこれはどう見ても掃除できない女っぽいな。

「実は私は」
チャンピオン連載作品のアニメの一つだが最近のチャンピオン連載作品には当たり作品も増えてきたなと感じてます。
これは典型的なスクールラブコメ物作品となるが人には言えない秘密を題材にしているだけに結構緊張する展開が出てきそうな予感がします。
しかもその秘密となる物が吸血鬼、宇宙人などの得たいの知れない種族なのでギャグ要素が強そうなので今後の展開が期待できそうです。

感想は以上。
あとは「GANGSTA.」は感想なしとして「WORKING!!!」は相変わらずの展開なので安定して見られるけれど序盤から松本の出番はありますね。もちろんセリフはなかったがちゃんと最終回にはセリフあるんでしょうね?(笑)

| アニメ・特撮話 | 20:47 | comments(0) | - | pookmark |