COUNTER
累計
今日 昨日
Mabinogi
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
falchion cafe 店長の雑記
ここは小林まさとしの個人サークル「falchion」のwebサイト
「falchioncafe」の雑記ページである。

※注意事項:当ブログではアダルト&違法サイトおよび記事とは全く関係無いトラックバックの添付、webサイト宣伝目的のコメントは禁止です、禁止行為があった場合これらをスパム行為と見なし見つけ次第即削除いたします。
<< 新しいテレビ | main | イラストレーター100人展 >>
しんけん!!の功績を分析する
本日で1周年を向かえたブラウザゲームしんけん!!
刀剣乱舞とほぼ同時期にリリースしているが比べると人気が劣るこのゲームがどんな功績があったのか個人的な考察を入れて評価しようと思います。

まずしんけん側の一番の功績と言えば全日本刀匠会との開発時期を含めた長い期間をかけて信頼関係を築いた事でしょう。
これがなければ真剣少女の日本刀展が開催される事がなかったと考えており、昨年のとうらぶから発端とする日本刀ブームをしんけん側による信頼関係のおかげで影で支えていたのではないかと考えてます。
もしこれがとうらぶの存在がなければ当然ブームは起きなかっただろうし、しんけん側による支えがなければ昨年後半のおそ松さんブームによってとうらぶの流行が一気に下火になっていた可能性もあったと思います。

そしてしんけん側のもう一つの良い所と言えば制作側とファン側との距離が妙に近い所でしょうか?
開発スタッフや出演声優の殆どが北海道の企業やローカルのタレント陣で同人やっている人もいるので会場でお近づきになれるので何だかアットホームな感じで居心地がいいです。
艦これやとうらぶは全国区の声優ばかりなのと流行によってコンテンツが大きくなりすぎたので黒い物が出てきているのを感じているのもあります。
艦これやとうらぶが大きく膨れ上がったのが決して悪いわけではないのだが先日のファミ通の盗作艦これイラスト投稿事件の黒い部分を見ると現状の人気具合が丁度いいかなと思いました。

てなわけで私の考察によるしんけん!!の評価面のお話でした。
| ゲーム話 | 21:29 | comments(0) | - | pookmark |